ローヤルゼリーの注意点

天然の健康食品として注目されているローヤルゼリーですが、
誰でも食べられるのか?病気の人や乳幼児でも安全性に問題がないのか?
という疑問を抱かれる方は少なくありません。

実際、ローヤルゼリーは花粉や蜜から作られているものですので、
花粉症の方は要注意です。

突然のアレルギー症状などが発症するおそれがありますので、
普段から花粉に過敏だという方には向いていません。

これは子供から大人、高齢者まで共通して当てはまる事柄です。
また、ローヤルゼリーはハチが様々な草花をまわって蜜や花粉を採取し、
ゼリーを生成するため、多くの種類の花粉がゼリーの中に混ぜ込んであります。
なので、アレルギー症状がひどくはないけれど花粉症、
という方でも極力摂取を避ける必要があるといえます。

http://www.k747.com/nomikata.htmlにも書いてあるようにアレルギー症状だけでなく、アトピーや喘息をお持ちの方にとっても、
ローヤルゼリーは避けた方がよい食べ物といわれることがあります。

ローヤルゼリー自体がアレルゲンとして細胞を刺激することがあるため、
アトピーの方は過敏反応を起こしてしまう危険があります。
喘息の方は、アレルギー反応から咳が出て、
そこから喘息につながる可能性がありますので、摂取する際には注意が必要です。
また、ローヤルゼリーの副作用について詳しくはこちらhttp://www.lom3.com/hukusayou.html

食べられないと分かっていても食べたい!
栄養素を効率よく摂取したい、という場合には、
かかりつけの医師やご自身の身内の方に了解を得て、
そうした作用が起こることを了承してもらったうえで少量からはじめると良いでしょう。
いきなり一日分の必要量を口にしてしまうと、思わぬ症状が現れてくるかもしれません。
特に、原液よりも粉末状のタイプは栄養分が凝縮されていたり、
粉末ゆえについ多く摂り過ぎてしまうこともあるので注意が必要です。

ローヤルゼリーは純度の非常に高い天然の食品ですから、
その分身体の中には直接的に作用します。
当然ローヤルゼリーは保管温度も大事です。
少しでも不安があるという方は最初から摂取を避けるか、
もしくは身体に無理のない範囲で口にされると良いと思います。
ローヤルゼリーの摂取量については、こちらを参考にしてください。

SITE MENU

Copyright(C) ろーやるぜりー All Rights Reserved.